妊娠希望の方には漢方・葉酸サプリどっちがおすすめ?両方摂取すべき?

漢方

漢方で妊娠しやすくなるの?

不妊治療で産婦人科に通っている方も最近は増えてきていますよね。

産婦人科の場合は、子宮の状態や卵管の検査などをして、排卵誘発剤を使ったり、人工授精や体外受精など西洋医学に基づいた治療をしている病院がほとんどだと思います。

しかし病院での不妊治療でも妊娠まで至らないとか、なるべく自然に近い形で妊娠したいという人は漢方薬での治療に興味がある人も多いでしょう。

基本的に漢方では病気そのものを治すというよりも、体を正常で健康な状態に近づける事で、病気になりにくい体にするという考えなので自然に健康的な妊娠ができるというイメージもありますよね。

例えば冷えが原因で妊娠しにくい体質の場合は、体の冷えを解消する漢方を飲んで、体質を変えていく事で妊娠しやすい体に導いていくのです。

病院での治療はその人に合っていれば即効性がありますが、漢方の場合は体質改善をしなければならないので時間がかかりますし、人によって合う合わないがあるようです。

また処方する医師や薬剤師の腕によって治療結果が大きく変わってくるので漢方治療をする場合は事前にどこの漢方がいいのか調べておく事をおすすめします。

漢方の副作用はあるのか

西洋医学の治療や薬でも副作用がある場合がありますが、漢方でも同じ事が言えます。
漢方の場合は好転反応といって、漢方を飲む事により体に溜まっていた毒素や、老廃物が体外に排出されるため、一時的に体調が悪くなる場合があります。
体が良くなるための反応なのですが、知らないと漢方を飲んで体調が悪くなったと勘違いして途中でやめてしまう人もいます。

漢方より葉酸サプリの方が安全?

漢方は自分で薬局で買えるものから、専門の漢方薬局で処方されるものまで様々あります。専門の漢方薬局で処方されるものは保険が利かないものもあり、値段は数万円かかる場合もありますが、効果は市販の漢方よりも期待できるでしょう。

漢方は自分に合ったものを飲む事がとても大事ですが、飲み合わせなどは素人では難しいので、妊娠を目的とする場合は専門の漢方医に相談して服用してもらった方が良いです。

それに比べてサプリはあくまでも健康食品なので自分で選んで気軽に飲む事ができるので少し足りない栄養を補給したい場合にはおすすめですし、副作用がないので安全です。

漢方と葉酸サプリ、一緒に飲んでも大丈夫

妊娠を目的とした漢方治療ではよく食事指導も一緒にしているところがあります。
体を作るのは食べ物なので、バランスの良い食事をしながら、それと平行して体質をゆっくり変えていくのです。

サプリも体に吸収されるものなので、一緒に飲む場合は自己判断せずに漢方医に相談した方が良いでしょう。

ただ市販の薬局に売っているものは、比較的専門の薬局で売っているものよりも効き目は薄く、その分あまり体に負担がかからないものがほとんどなのでサプリと一緒に飲んでも問題はないようです。