基礎体温を三ヶ月つける

女性は妊娠したいと思ったら、まずは基礎体温をつけてみてください。

医師に相談しても第一に言われることで、本や雑誌でもよく取り上げられていますが、妊活=基礎体温をつけるというのは常識と考えてください。

しかし、毎日受けるのは面倒ですし、そもそも何のためにつけるのかがわからないという人も少なくありません。自分の基礎体温を記することで妊娠できるタイミングっを合わせてセックスをすることで、妊娠する確率を上がられるのです。

基礎体温表は、できるだけ3か月以上をつけて欲しいところです。

1日つけて忘れてしまったらといって諦めることはありません。
最初のうちはつけられる範囲でやってみて、習慣化することが大切です。

三か月もつけると、自分の周期が見えますし、慣れてくれば、つけるのも苦ではなくなるはずです。

基礎体温表からわかるのは、妊娠できるタイミングだけではありません。
自分の健康状態なども見えてきますので、妊活をしていなくても妊活が終わった後でも継続して欲しい習慣です。

女性は約2週間周期で低温期と高温期を繰り返しています。基礎体温をあげているのは黄体ホルモンという女性ホルモンで「妊娠継続ホルモン」とも呼ばれ、妊娠には欠かせない重要なホルモンです。

妊娠するためには女性の排卵前よりも高い体温でいる必要があります。排卵後、黄体ホルモンの活躍によっては体に温められるので、高温期が訪れるのです。

排卵後妊娠しなければ、黄体ホルモンは分泌量が減少し、子宮内膜も剥がれ落ちるため、まだ低温期となるのです。

女性の体に必ずある低温期と高温期。自分の体の変調に気づくためにも、妊娠しやすくなるためにも面倒と思わずに、ぜひ基礎体温をつけてください。